国連人口基金が女の子に焦点を当てた「国人口白書」を発表したそうです。聴きなれない基金ですが、どんな物語かと言うと世界で亡くなる妊産婦の約6割がけんかやナチュラル災禍などで、常識仲間が必要とされる地区で死亡した割合だ。毎日世界で約830人の妊産婦が亡くなり、その内けんか地区などでは女性500顧客が死亡している。大いにやりきれない事だと思います。
仲間はこういう10時期で改善されて来ているそうですが、まだまだ不十分で、安全なポジションへ避難する事や食品仲間などのほうがプライオリティされ、混乱する状況下で、か弱い現実に置かれる女性の避妊やお産などの妊産婦への保全は先送りされ、放置されてしまう状況にあるそうです。
平和な日本では、けんかなどからほど遠く考えられない事ですが、混乱の中でも女性や子ども、二流を最優先して仲間注力をして欲しいという私は思いました。そうして、国内外いつの各国も平和になり安全で安心してライフ出来る様になって欲しいという願っています。カード ローン 低 金利