肝臓の効果などについて学んでいました

肝臓などについて研究しました。肝臓の活動の1つ目は情念の出現だ。ものの分解・合体を活発に行うので、筋肉についで多くの情念を発生します。こういう熱量は、体内の発熱量のうちの12%に当てはまる。後者は、デトックスだ。有害なものを無害なものに行う。3つ目は、古くさい赤血球の分解だ。ひ臓でも行われます。静脈は、ふつう細かい血管がだんだんとより集まって厚くなり、心臓にもどります。しかし、肝臓やじん臓などでは改めて枝分かれして毛細血管を形作ります。このようなものを門ビートといいます。総要点管は、肝臓でつくられた胆汁が胆のうへ流れます。肝動脈は、酸素を多くふくむ血が流れます。門ビートは、養分を吸収した消化管からの血が肝臓に送られます。肝静脈は、肝臓で各種化学生産をされた血が、心臓にもどります。このようなことを覚えましたが、知らない主旨のほうが多かったので勉強して良かったなと思いました。タイミングがあれば復習望むだ。キレイモ 支払い方法